赤ワインと白ワインの違い・ロゼも【1分でわかる】

最大の違いは、いつ発酵させるか

発酵とは

微生物が糖を分解して、アルコールと二酸化炭素ができることを、アルコール発酵と言います。

つまり、ぶどうの中の糖分をアルコールに変えることでワインができるわけですが、

赤ワインと白ワインでは、この発酵のタイミングが違います。

赤ワインは皮や種と一緒に発酵

赤ワインは、収穫したぶどうの茎を取った後、実を潰してから皮や種と一緒に発酵させて作ります。

一緒に発酵させることで、皮の色や渋みが果汁に溶け込んでいくのです。

発酵が終わった後に、皮や種を取り除きます。

白ワインは皮や種を取り除いて、果汁だけを発酵

白ワインは、収穫したぶどうの茎を取った後、実を潰して取り出した果汁だけを発酵させて作ります。

発酵の前に皮や種を取り除くことで、色の薄い、さっぱりした飲みごたえのワインになります。

使っているぶどうも違う

赤ワインと白ワインでは、使っているぶどうも違います。

赤ワインには黒ブドウ

黒ブドウ

出典:美味しいワイン

赤いワインの色の源は、よく見かけるぶどうの皮の色です。

赤ワインに使われるぶどうは、赤ブドウではなく「黒ブドウ」と呼ばれます。

白ワインには白ブドウ

シャルドネ

出典:美味しいワイン

白ワインには、そもそも色の薄いぶどうが使われることが多いです。

(黒ブドウの果汁だけで作られる、特別な白ワインもあります。)

ロゼワインとは

ロゼワインは赤ワインと白ワインの中間で、いろいろな作り方があります。

①セニエ法

赤ワインを作る工程の途中で、白ワインの工程に変える方法です。

黒ブドウを潰して発酵させている途中で、皮や種を抜き出して果汁だけの発酵に切り替えます。

赤ワインのようにしっかりと色づく前に皮や種を抜き出すため、色が薄くなります。

②直接圧搾法

黒ブドウを搾ると、皮の色が果汁に溶け出します。

この色がついた果汁だけを発酵させる方法です。

赤ワインと同じ黒ブドウを使って、白ワインのように果汁だけを発酵させます。

③混醸法

直接圧搾法は黒ブドウだけを使いますが、混醸法では黒ブドウと白ブドウを混ぜて搾った果汁を使います。

この方法も、果汁だけを発酵させます。

赤ワインと白ワインを混ぜるのはOK?

ヨーロッパでは、赤ワインと白ワインを混ぜてロゼワインを作ることは一部地域を除いて禁止されているので、この方法はかなりマイナーです。

ただし、シャンパンやスパークリングワインの中には、赤ワインと白ワインを混ぜて作ったロゼワインがあります。