あなたの知りたい! をとことんわかりやすく…… それが Kei-Blog のモットーです!

テニスのポイントの数え方【3分でわかる】

試合の中継で表示されるポイント

テニスの試合の中継を見ていると、次のような表が画面の隅に表示されます。

 HIGASHIKORI 15
▶NADALE 40

この表の見方を確認していきましょう。

※表の中の▶は、今「NADALE」さんがサーブを打っていることを表しています。

テニスの試合で勝つためには

自分が打ったボールを、相手がこちらのコートに返すことができなければ、自分にポイントが入ります。

まず、ポイントを4つ取ることができると、ゲームが1つもらえます。

ゲームを6つ取ることができると、セットが1つもらえます。

セットを2つ取ることができると、勝利です。

(グランドスラムの男子シングルス、ウィンブルドンの男子ダブルスは、セットを3つ取って勝利となります。)

ゲームとは?

テニスの「ゲーム」とは、試合全体のことではありません。

試合の最初に、どちらの選手がサーブを打つかを決めます。

先にサーブを打つことになった人は、どちらかがポイント取るまで、サーブを打ち続けます。

このポイント取るまでのかたまりを「ゲーム」といい、ゲームが終わるとサーブする人を交代します。

ゲームをもらうためのポイント

ポイント取ると、ゲームがもらえます。

テニスのポイントは、以下のように0、15、30、40を使って表します。( )の中は読み方です。

・0ポイント = 0(ラブ)

・1ポイント = 15(フィフティーン)

・2ポイント = 30(サーティ)

・3ポイント = 40(フォーティ)

・4ポイント = ゲーム → 1ゲームもらえる

この数え方は時計の針が1周する様子を表したものだと言われています。

テニスはなぜ一度に15点はいるのか

出典:tennis.jp

図の左側は、普通に考えると45(フォーティ・ファイブ)ですが、言いにくいので40(フォーティ)になったようです。

サーブを打つ人のポイントを先に言う

ゲームが始まって、まずサーブを打った人がポイントを取ると

15−0 (フィフティーン ラブ)

になります。

このように、サーブを打つ人のポイントを先に言います。

例えば……

<例1>

40−15(フォーティ フィフティーン)

これは、サーブを打つ人がもう1ポイント取ると、1ゲームをもらえる状況です。

<例2>

30−30(サーティ オール)

2ポイントずつで同点です。同点の場合は「オール」を使います。

<例3>

0−40(ラブ フォーティ)

これは、レシーブ(サーブを受ける方)の人が3ポイント連続で取った状況です。

最初に登場した表を見てみましょう

 HIGASHIKORI 15
▶NADALE 40

黒い所が、1つのゲームの中のポイントを表しています。

NADALEさんが、現在サーブを打っていて「40−15」

もう1本サーブを決めると、1ゲームもらえる状況であることがわかります。

4ポイントで1ゲームだと言ってきましたが…

実は単純にポイント1ゲームにならない場合があります。

3ポイントずつの同点になった時は、その後どちらかが2ポイント連続で取らないと1ゲームになりません。

この特別なルールを「デュース」と言います。

デュースについて説明します!

ポイントが、40−30(フォーティ サーティ)の状態で、レシーブの人がポイントを取ると、

40−40(デュース)になります。※(フォーティ オール)とは呼びません。

デュースの状態からそのゲームを取るには、2ポイントを連続で取らなければいけません。

どちらかがポイントを取った後、相手にポイントを取られてしまうと、40−40(デュース)に戻ります。

例えば……

40−40(デュース)の状態から、サーブを打つ人が1ポイントを取った場合、

Adー (アドバンテージサーバー)となります。

この後、サーブを打つ人がもう1ポイント取ると、そのゲームを取れますが、

逆にポイントを取られてしまうと、40−40(デュース)に戻ります。

 

40−40(デュース)の状態から、レシーブの人が1ポイントを取った場合、

 ーAd(アドバンテージレシーバー)となります。

この後、レシーブの人がもう1ポイント取ると、レシーブの人がそのゲームを取れますが、

逆にポイントを取られてしまうと、40−40(デュース)に戻ります。

ゲームを6つ取ると、セットが1つもらえます

このようにして、ゲームを1つ1つ積み上げていき、ゲームが6つたまると、セットが1つもらえます。

最初に登場した表を見てみましょう

 HIGASHIKORI 15
▶NADALE 40

↓ 色を付けてみました ↓

 HIGASHIKORI 15
▶NADALE 40

現在3セット目(水色の部分)でNADALEさんがサーブ中、

ゲームカウントは「3−4」でHIGASHIKORIさんがリードしている事がわかります。

★赤く色を付けた部分が1セット目です。

HIGASHIKORIさんが、6ゲーム取って、1セット目をゲットしたことを表しています。

★黄色く色を付けた部分が2セット目です。

HIGASHIKORIさんが、6ゲーム取っていますが、

NADALEさんが、んっ、7ゲーム?

7ゲーム取って、NADALEさんが2セット目をゲットしています。

この場合、2セット目はタイブレークでした

これは、タイブレークというルールでそうなっているので、別の記事で詳しく説明します。

関連記事

テニスの試合で勝つためには 1ゲームの中のポイントについては、以下の記事で説明しています。まだ読んでいない方は、ぜひ読んでみて下さい。(読んだらこのページに戻ってくださいね!) [sitecard subtitle=関連記事 url[…]

このようにして、2セット(または3セット)とると、テニスの試合に勝つことができるのです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おわかりいただけましたか?

★最後に評価をお願いします。

このサイトは「あなたの知りたい!を、とことんわかりやすく」をモットーに運営しています。

下のボタンを押して評価して下さい!