ラグビーのルールを簡単に解説・初心者向け【3分でわかる】

超基本ルールの確認

ラグビーは、真横より少し後ろにいる仲間にパスを回しながら、相手の陣地にボールを置きに行くのが基本的な流れです。

以下の記事で、トライ、ゴールキック、ボールを前に出す反則について説明しているので、ぜひ読んでみて下さい。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kei358.net/rugby-rule1/ target=]

試合時間

前半40分

ハーフタイム15分以内

後半40分

試合終了のことを「ノーサイド」と言います。

まずは、タックルについて確認

ラグビーの醍醐味といえば、体が激しくぶつかり合うタックルですが、

ボールを持っている人にしかタックルをしてはいけないというルールがあります。

また、頭や首を狙ったタックルは大変危険なので、禁止されています。

ラグビーのチーム構成

ラグビーは1チームのメンバーが15人います。野球やサッカーと比べて多いです。

そのうち8人がフォワード7人がバックスというポジションです。

ラグビーのポジション図-02.png

出典:Wikipedia

フォワードとは

フォワードとは、チームの最前線で、相手チームとのボールの取り合いに関わる人たちです。

例えば、サッカーのフォワードの役割は得点を決めること、つまり攻撃の中心となりますが、

ラグビーのフォワードは、得点を決めるというよりも、ボールを奪って得点のアシストしたり、タックルして相手を止めるなどの防御に関わることが多いです。

(もちろん、得点しに行くこともあります。)

フォワードの役割

主に以下の3つです。

①スクラム(※後述)を組むこと。(フォワードにしかできない重要な仕事です。)

②モールやラック(※後述)、ラインアウト(※後述)に参加して、ボールを奪ってくること。

③ボールを持っている相手にタックルをして、得点されるのを防ぐ。

スクラムとは

出典:NoSide

スローフォワード、ノックオンなどの軽い反則があった時は、反則していない方のチームにボールが与えられてスクラムからゲーム再開となります。

スクラムとは、上の写真のように両チームのフォワード8人ずつが肩を組んで押し合うことです。

ボールを持っているチームの選手が、スクラムの下にボールを転がして入れます。

(本来はスクラムの真ん中に投げ入れるルールですが、微妙に自分のチームの方に向かって転がします。)

スクラムを組んでからの流れ

スクラムを組んだら、形が崩れないようにして待ちます。すぐに押してはいけません。

ボールが入った瞬間から、相手チームをグイグイ押して、お互いにボールを取ろうとします。

腕は使えないので、脚を使ってスクラムの後ろで待っている仲間(バックス)にボールを渡すことを目指します。

相手のゴールに近い位置の場合は、相手を強く押して、そのままトライを目指すこともあります。

バックスの役割

バックスは、フォワードの後ろにいますが、積極的に得点に関わっていきます。

★ラグビーでは前にパスができないので、

フォワードが体を張って取ったボールは、フォワードがそのままトライに持ち込むか、後ろにいるバックスに渡されます。

バックスはフォワードの後ろから、華麗なパス回しと、素早い走りで得点を取りに行きます。

(もちろん自分の陣地に近いところにいるので、相手が攻めてきたら防御もしなければなりません。)

フォワード、バックス まとめ

★フォワード → 最前線でボールの争奪戦をする

(体が大きくてパワーがある選手が多いです。)

★バックス → 後ろからスピーディーに得点を決める

(スピード、パスのうまさ、展開を組み立てる頭脳が必要で、フォワードよりは細身の選手が多いです。)

キックについて

ボールを手で前に出すことは反則ですが、キックでボールを前に出すことはOKです。

試合に勝つためにはキックを上手に利用することが絶対に必要です。

よくある3つの場面で、キックについて見ていきたいと思います。

①試合を始める時、再開する時

ハーフウェイライン(コートの真ん中に引かれた線)から、ドロップキック(手に持ったボールを、地面にワンバウンドさせてボールを蹴ること)でスタートします。

<ボールを蹴るチームの決め方>

・キックオフ(試合開始)→ コイントス

・後半スタート → 前半の時と逆のチーム

・トライ後の試合再開 → 得点された方のチーム

②ドロップゴール

プレイ中、ドロップキック(手にボールを持っている状態から足元に落とし、ワンバウンドしたところで蹴る)でゴールに向かって蹴ることができます。

※ドロップキックをするために地面にボールを落としても、ノックオンの反則にはなりません。

ゴールポストが「H」の形で立っていますが、この横棒の上を通れば得点となります。

成功すると、3点もらえます。

出典:RUGBY NAVI

相手の防御が強くてトライしに行くのが難しい場合や、3点でいいからすぐに欲しい場合など、戦略の1つとして重要なキックです。

③ボールを前に進めるために蹴る

キックオフのドロップキックもそうですが、相手の陣地に向かってボールを蹴ると、当然相手にボールが取られます。

ボールを相手に取らせておいて、取られたボールをタックルして取り返す。

これも敵の陣地に向かってボールを進めるための、戦略の1つです。

③’ ラインアウトを利用する

蹴ったボールがタッチライン(コートの横の線)より外に出たら、サッカーのスローインのように、ボールを投げ入れて再開となります。

この投げ入れることを、ラグビーではスローインと言わず、ラインアウトと言います。

ラインアウトでは、ボールを出したチームと逆のチームがボールを投げ入れます。

関連画像

出典:産経west

その際、上の写真のように、各チーム同じ人数ずつ並んで、投げられたボールを取りに行きます。

(人数はボールを投げ入れるチームが決めます。7人で行うことが多いです。)

必ず列の真ん中に投げ入れなければなりません。

(実際は、反則を取られない程度に、微妙に仲間寄りに投げることが多いです。)

このように、ボールを外に出すと一度は相手のボールとなりますが、ラインアウトでボールを奪えればチャンスが広がるため、重要な戦略の1つとなります。

オフサイドについて

ラグビーのオフサイドは、サッカーのオフサイドと少し違います。

ラグビーでは、誰かがボールを蹴った瞬間に、それよりも前にいる仲間がプレイに関わると「オフサイド」です。

オフサイドの解除

ボールがキックされると、それより前(オフサイドの位置)にいる選手はプレイに関われないので、待っているしかありません。

逆に、キックした人と、その後ろの人が全力で前に向かって走ります。

(プレイできる人たちは「オンサイドの位置」にいると言います。)

オフサイドの選手が、オンサイドの選手に追い抜かれると、その選手のオフサイドが解除されます。

※こおり鬼で、凍っているオフサイドの選手をオンサイドの選手が溶かしていくイメージです。

最後に、ラックとモールについて

ボールを持っている人がタックルされたり、転んだりして倒れた時は、すぐにボールを手放さなければなりません。

持ち続けていると、ノットリリースザボールという反則になります。

手放したボールは誰かが取りに行くわけですから、両チームの選手が集まって揉みくちゃになります。

地面にあるボールを密集して取り合うことをラックと言います。

また、立った状態で密集してボールを取り合うことをモールと言います。

以上が、ラグビーのルールの概要です!

ポイントを押さえれば、ラグビーの試合観戦はもっと楽しくなります。

細かいことをスルーすることも、観戦を楽しむためには大事なことです。