アイスの種類【1分でわかる】

アイスは、4種類あります

コンビニなどで売られているアイスは、含まれる成分によって4つの種類に分けられます。

①アイスクリーム

②アイスミルク

③ラクトアイス

④氷菓

の4種類です。

まずは表にして確認

出典:日本アイスクリーム協会

「乳固形分」や「うち乳脂肪分」は、後で説明します。

上の表のアイスクリーム類は「アイスクリームの仲間」ということです。

そのうち、乳の成分が一番多いのがアイスクリーム、一番少ないのがラクトアイス、その間がアイスミルクとまずはザックリと押さえて下さい。

乳の成分がほとんど含まれていないのが氷菓です。果汁を凍らせたシャーベットやアイスキャンディーなどが氷菓となります。

乳固形分、乳脂肪分とは

牛乳から水分を取り除いて残るものを「乳固形分」といいます。

つまり牛乳に含まれる、水分以外の成分のことです。

牛乳の組成

出典:日本牛乳協会

乳固形分は、タンパク質やミネラルなどの「無脂乳固形分」と、「乳脂肪分」とに分けられます。

上の牛乳は、乳固形分が12.6%のうち、3.8%が乳脂肪分となります。

アイスクリームとは

アイスクリーム乳固形分が15%以上で、そのうち8%以上が乳脂肪分ということなので、

牛乳の成分が相当含まれていることになります。

植物性油脂など、余分な油は混ぜてはいけないことになっているので、自然な味わいが楽しめます。

アイスミルクとは

アイスミルク乳固形分が10%以上で、そのうち3%以上が乳脂肪分ということなので、

牛乳の成分は約半分に減ります。

減らした分は、植物油脂(料理に使うサラダ油のようなもの)で補います。

ラクトアイスとは

ラクトアイス乳固形分が3%以上で、乳脂肪分は表示義務がありません。

つまり、牛乳の成分はほとんどありません。

植物油脂や添加物を使って、アイスクリームのように仕上げます。

アイスクリーム類のまとめ

乳脂肪分のかたまりであるバターはとても高価です。

同じように、乳脂肪分がたくさん含まれているアイスクリームも高価です。

でも、自然な材料で作られているアイスクリームは消化がよく、体にも優しいです。

アイスミルクや、ラクトアイスは安く売っているため、お財布には優しいですが、

植物油脂が多く、体への影響も考えて食べる必要がありそうです。